ブロック注射の効かず足を付くことが辛い

右足全体が8月頃から痛み11月から特に痛みがひどくなった
朝、起きる時に足を付くことが辛い
寝返りを打つことができない
ブロック注射も受けたが効かない

治療の回数を重ねるたびに、症状も改善して
体の傾き(左側へ)も無くなってきました。

痛くないようにバランスを取るようになった
結果、体は曲がってきます。

人体の要とも言える骨盤が狂うと、脊柱がS字状になり、
周囲の組織は萎縮し、血液循環が悪くなっていきます。
この影響は体の各部へ及ぶのは当然と言われます。

その症状こそ慢性腰痛、椎間板ヘルニア、肋間神経痛、脊椎すべり症、
分離症、ギックリ腰(急性腰痛)、坐骨神経痛、股関節脱臼等々で、
それらはみな骨盤の変位が起因しています。
 
骨盤は1対の腸骨と、1個の仙骨の3つの骨で構成されており、
この腸骨と仙骨の連結部分にあるのが仙腸関節なのです。
実に骨盤は、この1対の仙腸関節によってコントロールされており、
そのどちらかがズレると骨盤はたちまち傾く状態となり、諸々の症状を生むのです。