ぎっくり腰 同じ姿勢が続くとつらい

施術前

施術後

2年前も同じような症状(ぎっくり腰)になった
朝起きるときは注意しながらおきている
くつしたをはく動作が辛い
長時間同じ姿勢になるとと痛くなってくる
左右の仙腸関節が腰から上の体重を支え、
左右の下肢へ重さを分散します。

したがって関節がまったく対称であれば、
体はもっとも安定な状態を保つでしょうが、
左右がアンバランスでなると体重の分配に狂いが生じます。

アンバランスの度合いが大きくなればなるほど、
その狂いも大きくなるのは当然で、
身体にいろいろの歪みが信号となって現われます。